IRONMAN
line
フリーエリア
hasiruzeirisiをフォローしましょう
line
最近の記事
line
リンク
  • 冨岡弘文税理士事務所
  • 走る税理士スタッフブログ
  • 冨岡会計だより
  • トライアスロン!かぼす君
  • あるみまんの本日の修行
  • けーごのホロホロweblog
  • 信託おばちゃん
  • ナゴヤ人伝説。税理士バッキーの日記帳
  • おきなわ移住 つれづれ日記
  • 社長はIRON MAN
  • 星峰のきまぐれジョギング日記
  • 税務会計系ブロガーサミット
  • 管理画面
line
RSSフィード
line
月別アーカイブ
line
sub_line
   チャリティー マラソン
カナダのテリー・フォックス・ランは、世界的にも有名ですが、スポーツとチャリティーは相性がいいのです。

以下、
東京マラソンの、ホームページより
-------------

海外におけるマラソン大会のチャリティ活動について

世界のメジャーなマラソン大会では、ロンドン、シカゴ、ボストン、ニューヨークなどの大会が大規模なチャリティ制度を採用しており、マラソン大会開催の大きな目的のひとつとなっています。例えばロンドンマラソンでは、3万5千人以上の参加ランナーのおよそ3/4が、チャリティ目的で参加しています。各国の税制やチャリティに対する考え方によって、寄付金を集める仕組みは様々ですが、チャリティを目的として参加しているいずれのランナーも、自分の資金だけでなく、例えば友人や同僚から寄付を募り、それらの善意を代表してマラソン大会に出場するという活動をしているとのことです。その額は、ランナーひとりあたり20万円を超えるほどで、各大会とも数億円規模の寄付金を集めることに成功しているそうです。このように、世界的には、マラソン大会の開催は走ることを「楽しむ」だけではなく、走ることを通じて「社会に貢献する」という文化的な側面も大きいのです。

2011年、日本最大のマラソン大会である東京マラソンも、世界基準の大会へとさらに進化していくための新たなステップとして、チャリティ制度の導入にチャレンジします。自分の想いだけでなく、友人や仲間の想いを集めて、みんなの想いを“つなぐ”ことで、多くの人が東京マラソンのチャリティに参加していただけることを目指します。

---------------

「自分が楽しむことで、喜ぶ人がいる。」
こんな、発想と、そのシステムを、文化を、拡げて貰いたい。

税理士としては
「自分が納めた税金で、助かる人がいる。」
こういう、考えが拡がって欲しいし、
みんなが、有効な活用に関心を持って貰いたいです。




楽しいが一番!

横浜市町田市を走る税理士
ブログランキング 皆様のクリックでUPします。
  ↓
税理士人気blogランキングへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

line

comment

Secret

line
line

line
税理士ブログランキング
line
プロフィール

走る税理士

Author:走る税理士
町田市 大和市 相模原市 横浜市
税務と経理で中小企業を支える
トライアスリート税理士です
 相模原の冨岡弘文税理士事務所 所長税理士http://www.tomi-kaikei.jp

2013年もエンジョイ トライアスロン!
 6月アイアンマンジャパン70.3セントレア
 8月アイアンマンジャパン北海道 

44歳で始めたトライアスロン
2006 アイアンマンジャパントライアスロン
 2年目にして無謀な挑戦&根性の完走

トラで税理士アタマも活性化!
 顧問先へのアドバイスが湧いてくる!
     
宮古島、沖縄、長崎五島、福島、横浜・・
 レースを通じ、友人の輪も拡がった(^^)/
   
         
ブログの内容は個人的な感想です。
利用に対する責任は負いません。
このブログは リンク フリーです(^^)v

line
こちらもどうぞ
「走る税理士」汗かいてます
line
ブログ内検索
line
トラックバック
line
FC2カウンター
line
カテゴリー
line
QRコード
QRコード
line
最新記事
line
RSSリンクの表示
line
sub_line