IRONMAN
line
フリーエリア
hasiruzeirisiをフォローしましょう
line
最近の記事
line
リンク
  • 冨岡弘文税理士事務所
  • 走る税理士スタッフブログ
  • 冨岡会計だより
  • トライアスロン!かぼす君
  • あるみまんの本日の修行
  • けーごのホロホロweblog
  • 信託おばちゃん
  • ナゴヤ人伝説。税理士バッキーの日記帳
  • おきなわ移住 つれづれ日記
  • 社長はIRON MAN
  • 星峰のきまぐれジョギング日記
  • 税務会計系ブロガーサミット
  • 管理画面
line
RSSフィード
line
月別アーカイブ
line
sub_line
   雨もよし!  東京マラソン  ランナーはエライ!  
 20070218195307.jpg


さまざまな ドラマが 感動が生まれた 第一回東京マラソン
 大会後 さらに いろいろな エピソードが紹介されるでしょう。
  私が 実際に 見て 走って 感じたことを披露したいと思います。

今後 ずーと 続けていただきたい 
 いやそれどころか

 ようやくこれで TOKYOが 
  世界の大都市の仲間入り できたのではないかと思わせる
   第一回東京マラソンでした。

 私たち日本のランナーは 世界のランナーに 
  日本には 東京マラソンという ビッグマラソンがあるよと
   やっと言うとができます。

さて、
このあと 東京マラソンが 何回続いたとしても
  今回の 『 雨 』は 必ず 
   「 あの 雨の ・・・」と 語り継がれるに 違いありません。

 TVで見ていた人から 「雨で 残念でしたね」と 声を掛けていただきますが

 実際 あの場に立っていた者としては 

  「とても そんなもんじゃ ありません!!!」でした。

まず 着替えの段階で 既にびしょぬれ(T_T) 

 さて 何を着て走ろうかと 用意した中から考えるのですが

東京メトロが配った ビニール袋。

 私は自前で ゴミ袋雨具を 作ってましたが 
  こっちがかっこいいのでメトロ袋にしました

実際には これを脱いだら ウインドブレーカーだろうが 
 濡れてしまうのは 間違いない

もちろん 普通の長袖の綿シャツなんかは 水を吸ってダメ
 結局、ゴミ袋をかぶっていれば 風は通さないし
  晴れれば 捨てられる。

   だったら 速乾性のTシャツに アームウォーマーで走ろう。 と決心。

ゴミ袋は、意外に 風も入らず 結構あったかいし !(^^)! 

 しかし 甘かった!
  この格好 薄いTシャツに ゴミ袋で 
   二月の冷たい雨のなか 50分も傘も差さずに 
    同じところに
     じっと 立たされている ということが どんな状況か・・

ランナーは自主申告の ゴールタイムを基準に 
 早い者順に ナンバーがつけられまして
   (私は ニクシナレ ね)

 その順で 柵に入って 放牧の時を待ちます。
  一度入ったら 脱走は困難です(監視のお嬢さんは にこやかです)

私の 収容場所は 一番後ろのほうなので 
 華やかな 世界の様子は なーんも 分かりません 
  「君が代」 があったなんか 今日知りました

さて 「ゴミ袋生活者」の状況ですが
 ゴミ袋には 首と 腕を 出すために 切り口が 空けてあります

  しかし よく見ると それが大きい!(誰のサイズじゃ!) 

   冷たい2月の雨は 容赦なく 隙間を伝わって 進入してくるのです

私としては ビニール 一枚下は 『裸』 みたいなもんなので
 腕を切り口から引っ込め、カメさん体勢です
  首の切り口を 中からつまんで
   僅かでも 冷たい水の浸入を 阻止すべく 
    首の前で 左右の手をクロスして
     そうすると、想像できます? 
      自分の体温が 実感できるのですねー 

        「俺って・・・暖かい ♡」

そして このわずかな空間を 暖かい空気で守ろうと 必死になるわけですよ

しかし、ああ なんということか! 
 荷物を預ける際に ぎゅぎゅうづめの 通路を抜けたためか 
  『命のゴミ袋』に ざっくりと 
   裂け目が入っているでは ありませんか!

この一大事に 十本の指を 更に慎重に 配置して 
 裂け目と切り口を狭めることしか 
  何の対応も取れない自分が 哀れです (T_T)

 そうか!自前のゴミ袋と と二枚重ねにすれば!!
  どうせ捨てるんだから・・ああ後悔・・
   もう少し 俺が賢ければ・・ 
    隣の兄ちゃんのように 暖かな 暮らしができたのに・・
     僅かな 判断力の差が 人生の 分かれ目になるんだなぁ・・

もう 腕時計を確認するのも命がけとなり、後は 周囲の観察しか楽しみはありません

すぐ前は なんだか 巨大な帽子をかぶった 仮装のカップル 
 こちらは わいわい楽しそうです

隣は こんなに着込んで フルを走るのか?という青年たち。(考えて見れば 本当にゆっくり走るのならこれでいいのかも)

そうかと 思えば 向こうは「なんたら走友会」みたいな
 ランシャツにランパン「のみ」のおとうさん 
  (ああ、この人は 既に「環境への適応性」がねえ・・大丈夫なのかなあ)

今回 「美人ランナーと お友達になって来い!」 と地元の仲間のお達しもあったのですが 
 耐える人たちは 基本的に全員 おんなじ方向を向いているわけで
   なかなか 困難でしたねえ 
    フルマラソンを走りながらもねえ・・ちょっと

時間が経つにつれ 足が痙攣しそうな冷たさになり 足踏みやらでごまかします
考えることが どうも裏目だった私ですが ひとつ良かったのは
 珍しく キャップを用意したことです

私は 頭が大きいからか 似合わないからか 帽子はあまりかぶりません
 ランニングでも 好きではないのですが 
  人が多いときは 帽子が自分の目を守ってくれるので かぶります

今回は 雨よけに 威力があったのはもちろん 
 この人ごみで傘を差す 自分勝手な人が やっぱり いましたので   彼らの目潰しから 身を守るのにも 役立ちました
 
     日常で 街中を走る方は 夜でも キャップは 必需品です

次に私が 見つけたのは 道路の向こうの地下道への入り口です

 この瞬間 「リタイア」という
  これまでの レース人生で考えたことのないアイデアが 
   頭をよぎりました

しかし この もっこりパンツの ゴミ袋男が 電車に乗っているのを見る 
 世間の視線は 今の雨より冷たいと・・
  いよいよ 自分には 逃げ場はないのだと・・
     悟るのに時間はかかりませんでした

さて ここに至って なんと 私は
 
 誰一人 泣き言を言ったり 文句を言ったりする者が 
   皆無の状況に 気がつき 驚きました

普通、今の若者は 仲間で泣き言を言ったり、 
 おじさん おばさんが集まれば 文句を言ったり するでしょう?
  そんな人 一人もいません みんな 言葉も少なくただ待ってます 
一人でいる人は 女性も皆、 思いつめたような表情は 気持ちが集中しているのでしょう

ただ ただ・・・・待っているのです 
 フルマラソンに挑戦する自分を これまでのトレーニングを確認しながら 
  勇気を振り絞っているのかもしれません

   
 私自身、初めての マラソンのとき 初めてのトライアスロンのとき
  そして何より 初めてのアイアンマンのとき  

「 できる 絶対できる! 」と   
  スタート前 何度も何度も 自分に言い聞かせたのを思い出します

   『挑戦者』は 皆、勇気を必要とするのです

お気軽参加者の混ざる 遅い人グループでも これだけ我慢強ければ
 もっと前方の シリアスな方々の様子も窺えます。

さて

つらい時間は 永遠には続きません 
  「もうだめだ」と思っても 明るい未来はきっと来る(^^♪

 ついに 歓喜の スタートの時刻がやってきた様子です

  とは言っても 私には 
   なんか 前のほうが 『ウオー』と騒いだので 
    そうと分かっただけです。  
     すぐに 元の じっと試練の時間が戻り 
      やがて ついに 『前へ!』 と進むことができたのです!(^^)!

足さえ動けば ハッピー ラッキー!(^。^)
 すぐに 喜び爆発状態です(^。^)

モコモコダウンコートでお揃いの 石原都知事と、河野さんに
  手を振るサービスも してしまいました(^。^)

結局 東京メトロ製のゴミ袋スタイルは 袖の裂け目も何とかもって  私の体を ゴール手前2キロまで守ってくれたのでした
  命の 恩人と 言えるかもしれません
  
 『 これで 風邪何ぞひいたら シャレに なんねー 』 という
  意地が 身を援けた のかもしれません(^^)v

間もなく 一時 雨があがり かなりの人が ゴミ袋と決別しましたが 用心深くなっている 私の読みどおり 
  じきに 結構降り出して 脱いだ人は後悔したと思います

雨は 早いランナーに トラブルを招いたようですね
 遅いランナーも つらかったかも
  しかし これだけ大勢が フルを走って
   リタイヤした人の数が 私の想像をかなり下回ったのは
    皆が 慎重になり また 体に無理がなかったのかもしれません
     実際 救急車とは 出会いませんでしたし

エントリーして 参加できない人が かなりいたのは
 申し込みから レースまで期間が長いのと
  やはり 天候により 慎重になった方(それも正解です)がいたのでしょう
   私も 無事で 良かった 良かった

  
今回のブログは 雨に まつわる事、 
  「哀愁の ゴミ袋偏愛者」からの 報告で 
    既に いっぱいに なってしまいました。 
     
     その他の 話は またこんど・・



 歓喜のゴールの あと

  東京ビッグサイトで 

   まだどのトラックにも 
    着替えの荷物が満載になっている
 
     その横の狭い通路を すり抜けて 
  
   ふと見上げると 建物の隙間から

     青空が 

      「遅れてごめんと」 言っているようでした

        「なんだ そこにいたのか」 と 思いました
 
 

まだまだ これから!! ブログランキング 皆様のクリックでUPします。
人気blogランキングへ
にほんブログ村 士業ブログへ


line

comment

Secret

はじめまして。
間近に迫った確定申告の調べものをしていて、このブログを見つけちゃいました。
初フルが東京マラソンで、天気も混みのドラマティックさに思い出すたび涙でしたがこの記事を読んでまた泣いちゃいました。待つ間も楽しかったですよね。
本当にいい大会でしたね。東京の暖かさは世界に誇れると、正直意外でした。
確定申告を無事済ませたら、また遊びに来ますね~♪

ちなみに私は、ゴールを青空に迎えて貰えました。

最後の三行がいい締めだね。

君はアスリートであり、詩人でもあるね。

=訂正=
>今年は感謝の年にしようと念頭に宣言しましたが、・・・
今年は感謝の年にしようと年頭に宣言しましたが、・・・

tomiのゴールは本当に感動したぞ!!

あらためて、俺はtomiのことを誇りに思うよ。

今年は感謝の年にしようと念頭に宣言しましたが、こんな感動をありがとうとtomiに感謝しています。

で、マラソンガールズとの出会いは?

随分長い文章書いたねぇ。
line
line

line
税理士ブログランキング
line
プロフィール

走る税理士

Author:走る税理士
町田市 大和市 相模原市 横浜市
税務と経理で中小企業を支える
トライアスリート税理士です
 相模原の冨岡弘文税理士事務所 所長税理士http://www.tomi-kaikei.jp

2013年もエンジョイ トライアスロン!
 6月アイアンマンジャパン70.3セントレア
 8月アイアンマンジャパン北海道 

44歳で始めたトライアスロン
2006 アイアンマンジャパントライアスロン
 2年目にして無謀な挑戦&根性の完走

トラで税理士アタマも活性化!
 顧問先へのアドバイスが湧いてくる!
     
宮古島、沖縄、長崎五島、福島、横浜・・
 レースを通じ、友人の輪も拡がった(^^)/
   
         
ブログの内容は個人的な感想です。
利用に対する責任は負いません。
このブログは リンク フリーです(^^)v

line
こちらもどうぞ
「走る税理士」汗かいてます
line
ブログ内検索
line
トラックバック
line
FC2カウンター
line
カテゴリー
line
QRコード
QRコード
line
最新記事
line
RSSリンクの表示
line
sub_line